Just another WordPress site

映画評論

未分類

アニメ映画と実写映画の違いについて

投稿日:

最近のアニメ映画はとても映像がとてもきれいで、ストーリーもよくできています。。

最近の若い人にとってはアニメ映画も実写映画もそこまで区別はなく、実写だから出来ないことがないということも んかうCG技術も上がっています。

個人的に思うのはアニメ映画の素晴らしいところは、実写よりも演出方法が豊かにあることです。

実写映画の場合、例えば涙の色を変えようとしてCGを使ってもすこし違和感があります。

しかしアニメの場合、例えば涙の色を虹色にしても自然な涙の演出として違和感なく、バリエーション豊かな表現となります。

大きな演出ができる

大きな演出とは、基本的に派手な演出と言ってもいいでしょう。

このはでな演出とは、たとえば実写で光り輝くUFOを演出させるために強い光を画面に映してしまうと、みているひとに不快な思いをさせてしまいます。

しかしアニメ映画の場合はこのはでな演出の際に、さまざまな技法をもって演出させること実写よりも不快感がなく、自然な表現となります。

しかも実写に比べて強い演出でも少し柔らかくすることもできます。

 

血は赤くなくてもいい

基本的には実写のばあいは血が赤くなければなにかわかりません。

しかしアニメの場合はそうでなくても大丈夫なこともあります。それは、血を黒くシルエットで表現してもいいですし、虹色でも表現としてはおもしろいです。

それがなにであるかはアニメの場合理解しやすい異様にかかれています。

まとめ

まとめ

結局アニメ映画の見どころこういった表現方法にあると思います。アニメだからこうであるとかは関係なしに、表現の幅が非常に広いと思います。

しかし一方で実写のリアリティには勝てない所もあるのでそこは否めません。

実写によって演出された感情の部分はとてもみりょくてきであると思います。アニメ映画にしても、実写にしても演出方法が違うのでそれぞれ楽しめるでしょう。

 

-未分類

Copyright© 映画評論 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.